海洋生物図鑑(仮)

ブログを使った海の生き物図鑑になる予定です。 他のブログサービスからの移行がやっと終わったので、ぼちぼち新しい種も追加して行きたい所存です。

標準和名:
 アカナマコ
DSC_3805



学名:
 Apostichopus japonicus

分布:
 ・北海道~九州、中国

見かけた場所:
 ・静岡県:伊東。

生息場所:
 ・浅海の転石帯。

特徴:
 ・体長30㎝程度になる。
 ・疣は大きくまばら。
 ・褐色

生態など:
 ・外洋の岩礁に住む。
 ・海藻を食べているところをよく見かける。

備考:
 ・よく食用にされる。
 ・もともと、Apostichopus japonicusをマナマコとして外洋の岩礁に住む褐色のもの(アカコ)、内湾の砂泥にに住む暗い青緑のもの(アオコ)や黒色のもの(クロコ)を含めていたが、褐色のものに対して学名Apostichopus japonicus、標準和名アカナマコ、暗い青緑や黒色のものに対して、Apostichopus armata、標準和名マナマコが提唱されており、それらを採用した。

分類:
 棘皮動物門
 ナマコ綱
 楯手目
 シカクナマコ科
 マナマコ属
 アカナマコ

画像:
 静岡県:伊東産(赤色が強い個体)
DSC_3805

DSC_4049

 静岡県:伊東産(褐色の個体)
DSC_4095

DSC_4096

標準和名:
 ジュズベリヒトデ
DSC_7226


学名:
 Fromia monilis

分布:
  ・相模湾以南、インド-西太平洋、熱帯域の浅海

見かけた場所:
 ・沖縄県:阿嘉島

生息場所:

 ・サンゴ礁

特徴:
 ・名前の由来は数珠に似ているところから。
 ・幅長6㎝くらいまで。

生態など:
 ・情報なし、アミメジュズベリヒトデに似た感じじゃないかと想像する。

備考:
 ・和歌山の南部付近ではまだ見かけたことがない。串本あたりならいそう。

分類:
 棘皮動物門
 ヒトデ綱
 アカヒトデ目
 ホウキボシ科
 ジュズベリヒトデ属
 ジュズベリヒトデ

画像:
 沖縄県:阿嘉島
DSC_7226

標準和名:
 ベニアミメジュズベリヒトデ

DSC_2965


学名:
 Fromia sp. aff. hemiopla

分布:
  ・和歌山県:串本、すさみ町
 ・熊本県:天草
 ・奄美、沖縄諸島
 ・高知県:柏島

見かけた場所:
 ・高知県:柏島

生息場所:
 ・水深10m~50m
 ・サンゴ礁

特徴:
 ・名前の通り紅色。
 ・幅長5cmくらいになるらしい。

生態など:
 ・情報無し。アミメジュズベリヒトデに似た感じじゃないかと想像する。

備考:
 ・学名についている sp. aff.hemioplaは、Fromia hemioplaに似ているが、近縁の新種だと思われる。という意味らしい。(2002年頃の情報なので、すでに更新されている可能性有り。)

分類:
 棘皮動物門
 ヒトデ綱
 アカヒトデ目
 ホウキボシ科
 ジュズベリヒトデ属
 ベニアミメジュズベリヒトデ

画像:
高知県:柏島
DSC_2966

DSC_2968

↑このページのトップヘ