標準和名:
 シラヒゲウニ

w20040429203

学名:
 Tripenustes gratilla

分布:
 ・相模湾以南、インド洋、西太平洋
 ・温帯にもいるが、やや熱帯寄りの分布。

見かけた場所:
 ・和歌山県:南部、白浜、潮岬
 ・高知県:柏島、沖ノ島

生息場所:
 ・潮間帯から水深30m
 ・タイドプールなどでも見かける。

特徴:
 ・刺が短い。
 ・刺の色は白い個体、橙色の個体、白と橙が混ざった個体がいる。
 ・大型になる。手持ちの標本で最大なのが、殻径11cmくらい。
 ・赤道が高く、ふっくらした王冠のような形。
 ・殻は、薄紫色で綺麗。薄紫は、紫外線を浴びると消えるようだ。

生態など:
 ・根の上の岩のくぼみなどにいる。
 ・ラッパウニと同じく、管足を使って貝殻などを体表にくっつける。防御にしても擬態にしても中途半端な感じ。
 ・冬場に浜辺に打ち上げられたものを良く見かける。低水温に弱いのかもしれない。

備考:
 ・殻のふっくらとした形や、薄い紫色がとても綺麗。
 ・殻板の結合は弱く、殻を濃いハイターで漂白しようとすると、数分でバラバラになる。
 ・クリーニングは入れ歯洗浄剤などで時間をかけるのが良い。
 ・生殖腺は食用になる。棘には毒があるため、生殖腺を取り出す際に棘が混入して口内を刺される事故例がある。

分類:
 棘皮動物門
 ウニ綱
 ホンウニ目
 ラッパウニ科
 シラヒゲウニ属
 シラヒゲウニ

画像:

和歌山県 南部産 棘は白色
w20040429203

和歌山県 南部産 棘は橙色
w20040429210

高知県 柏島産 白色と橙色
w200809281_0021

和歌山県 南部産 貰い物 大きい
img_1722

img_1716

img_1720

img_1718

和歌山県産
img_1705

img_1706

img_1707

img_1708

和歌山県産 ほぼ完全体
img_1711

img_1712

img_1713

img_1714

和歌山県 白浜産 白い、判定にいまいち自信が持てない
dscf3677

dscf3678

dscf3682

dscf3684