標準和名:
 サンショウウニ

w20050828222

学名:
 Temnopleurus toreumaticus

分布:
 ・相模湾~九州、朝鮮半島、中国大陸南部沿岸~東南アジア。
 ・潮下帯~水深45m。

見かけた場所:
 ・三重県:香良洲海岸、伊勢湾沿岸
 ・兵庫県:淡路島
 ・福井県:敦賀

生息場所:
 ・生息場所は、近くに海藻が繁茂している必要がありそう。

特徴:
 ・殻は薄茶っぽい緑で、ざらざらごつごつした手触り。
 ・殻径は4cmくらい。

生態など:
 ・敦賀で見かけたものは、ラッパウニのように管足で体にいろいろくっつけていたが、見た限り、防御用というより擬態用に見える。

備考:
 ・日本近海産のものは、南方海域のものとは別種の可能性があるらしい。実際、本州の沿岸では、黒潮に対する、半島の影にあたる場所や、日本海など、水温の低そうな場所でよく見かけるため、南方種という印象がない。
 ・食用にはならないらしい。

分類:
 棘皮動物門
 ウニ綱
 ホンウニ目
 サンショウウニ科
 サンショウウニ属
 サンショウウニ

画像:

 兵庫県:敦賀産
w20050828222

 三重県:伊勢湾産
DSCF3330

DSCF3331

DSCF3332

DSCF3335

 三重県:伊勢湾産
dscf3366

dscf3367

dscf3368

dscf3370