標準和名:
 ムラサキウニ

img_1201

学名:
 Anthocidaris crassispina

分布:
 ・茨城県及び秋田県以南から九州南端、台湾、中国東部沿岸。

見かけた場所:

 ・東京都:八丈島
 ・兵庫県:敦賀、水晶浜、淡路島
 ・静岡県:浜岡砂丘
 ・高知県:柏島

生息場所:
 ・潮間帯から潮下帯。タイドプールや、波打ち際の岩の隙間などで見かける。

特徴:
 ・棘はやや長く鋭い。ゴムブーツなどを貫通することもある。
 ・殻は灰色っぽい。

生態など:
 ・海藻を食べる。磯焼け要因の一つとなっている。
 ・口の回りにムラサキゴカクガニが寄生することがある。
 ・食用にされ、放流などもされている。

備考:
 ・キタムラサキウニに名前は似ているが、科は別。
 ・放流、栽培されている種の分布ってどう考えるんだろうか?

分類:
 棘皮動物門
 ウニ綱
 ホンウニ目
 ナガウニ科
 ムラサキウニ属
 ムラサキウニ

画像:


 東京都:八丈島産
img_1201

 どこで拾ったか忘れた殻 (その1)
DSCF3337

DSCF3338

DSCF3341

dscf3342

DSCF3343


 どこで拾ったか忘れた殻 その2
dscf3396

dscf3397

dscf3398

dscf3399

 どこで拾ったか忘れた殻(その3 小型)
dscf3352

dscf3353_2

dscf3354

dscf3355