標準和名:
 ライオネスブンブク

w200809272_0005

学名:
 Metalia spatagus

分布:
 ・相模湾以南、東アフリカ、紅海、ハワイ、ソシエテ諸島を含むインド、西太平洋、オーストラリアの海岸、フィリピン

見かけた場所:
 ・高知県:沖ノ島

生息場所:
 ・潮下帯から水深130m
 ・写真の殻は、砂地横の岩陰の小石混じりのところに転がっていた。

特徴:
 ・大型になる。15cmくらい?
 ・ミナミオオブンブクに似ているが、ミナミオオブンブクとは、周花紋帯線の内側への湾入箇所や湾入度合いが違う。おおざっぱにいうとこんな感じ。
  ミナミオオブンブク     )(
  ライオネスブンブク    )    (
 ・写真を撮った当初、ミナミオオブンブクと混同していた。(殻拾って帰ればよかった・・・)

生態など:
 ・ミナミオオブンブクに似た感じであると予想する。
 ・転がっていた場所からすると、砂依存だが、小石も必要か?

備考:
 ・ライオネスは、重井陸夫さんの命名、雌ライオンの意味らしい。
 ・フィリピン産の標本の図鑑で、Metalia sp.(ライオネスブンブク属の一種)とされている標本でこれとそっくりのものが、Metalia spatagusとは別に掲載されている。この写真はそっちの可能性も無いとは言えない。

分類:
 棘皮動物門
 ウニ綱
 ブンブク目
 オオブンブク科
 ライオンブンブク属
 ライオネスブンブク

画像:

 高知県:沖ノ島産
w200809272_0005

w200809272_0004