標準和名:
 アカウニ

DSC_3871

学名:
 Pseudocentrotus depressus

分布:
 ・本州北端~九州、済州島
 ・潮間帯~水深50m

見かけた場所:
 ・静岡県:赤沢
 ・福井県:敦賀
  ・兵庫県:淡路島
 ・和歌山県:南部

生息場所:
 ・殻は砂浜によく打ち上げられている。
  ・大きめの岩のくぼみなどにいる印象がある。

特徴:
 ・ムラサキウニなどに比べると、棘は短い。
 ・色は赤褐色、淡ピンク。
 ・殻は白っぽい薄紫などで、ひらべったい。

生態など:
 ・口の周辺にムラサキゴカクガニが共生することがある。
 ・石の隙間などにいる。

備考:
 ・食用にされる。
 ・昔の図鑑では、ラッパウニ科に含まれていたようだが、今はオオバフンウニ科。

分類:
 棘皮動物門
 ウニ綱
 ホンウニ目
 オオバフンウニ科
 アカウニ属
 アカウニ

画像:
 静岡県:赤沢産
DSC_3871

DSC_3870

 福井県:敦賀産 口側に怪我の修復痕らしきくぼみ有り
dscf3502

dscf3504

dscf3506

dscf3508

dscf3509

 福井県 敦賀産
dscf3362

dscf3363

dscf3364

 福井県:敦賀産
dscf3523

dscf3524

dscf3527

dscf3528