標準和名:
 トックリガンガゼモドキ

w200805051_0017

学名:
 Echinothrix calamaris

分布:
 ・紀伊半島以南、インド洋、西太平洋
 ・四国ではわりと良く見かける。

見かけた場所:
 ・和歌山県:南部
 ・高知県:柏島
 ・鹿児島県:加計呂麻島

生息場所:
 ・根の上のくぼみ、岩陰など。

特徴:
 ・棘がしましま、肛門錘がとっくり型(らしい…)
 ・そこそこ大型になる。殻長で10cm超。

生態など:
 ・近づくと棘をわさわささせて防御する。
 ・棘の間にマジマクロイシモチ等、テンジクダイの仲間が集団で隠れていることがある。
 ・子供を全然見かけないと思ったら、岩の下に隠れているのを見かけた。ウニの子供はどれも、小さな時はどこかにうまく隠れているようだ。

w200807273_0008


備考:
 ・似た種として、ガンガゼモドキがいる。

 図鑑に書いてあるそれぞれの特徴の差異はこんな感じ
 トックリガンガゼモドキの特徴
  ・殻長10cm超になる
  ・大棘は茶褐色+黄白色の縞があることが多いが、色彩変異も大きい。
  ・大棘のまわりに微小な輪生棘が生える。
 ガンガゼモドキ
  ・殻長6cmくらいまで。
  ・大棘には青紫と黄白色の縞、色彩変異は少ない。
   (といいつつ、黒褐色と青白色と書いた図鑑もあったりして…)
  ・大棘のまわりに微小な輪生棘が生えない。
  ・トックリガンガゼモドキより数が少ない。

分類:
 棘皮動物門
 ウニ綱
 ガンガゼ目
 ガンガゼ科
 ガンガゼモドキ属
 トックリガンガゼモドキ

画像:

 高知県:沖ノ島産
w200805051_0017

 鹿児島県:加計呂麻島産
w200807273_0008

 高知県:沖ノ島産
w200805043_0013

 高知県産
w200809281_0024

 高知県産
w200809282_0024