標準和名:
 カシパン属の一種
img_2029

学名:
 Laganum laganum

分布:
 ・マレーシア、フィリピン、ニューギニア、オーストラリア、タスマニア

見かけた場所:
 ・父島の土産物屋さんで、なんだかよくわからないものに加工されて売られていたものから取り外した。産地を聞いたところ、インドネシアあたりではないかとのこと。
 ・某水族館のウェブサイトで、フィリピン産のものが。30円で売られていたことがある。
 ・父島で売られていたなんだかよくわからないものの写真。(暖簾?)
tp

生息場所:
 ・水深0~34m、沿岸の砂地。

特徴:
 ・殻長6.5cm程度、生時は緑がかった灰色らしい。
 ・生殖孔は5つ。

生態など:
 ・沿岸の砂地に潜って暮らすらしい。

備考:
 ・殻の縁が分厚いところから、ミナミヨツアナカシパンと混同されていることがある。どちらも同じカシパン科であるが、本種はカシパン属で、ミナミヨツアナカシパンはヨツアナカシパン属である。
 ・日本に棲息するカシパン属には、フジヤマカシパンなどがある。

分類:
 棘皮動物門
 ウニ綱
 タコノマクラ目
 カシパン科
 カシパン属
 カシパン属の一種

画像:

 加工品から取り外したもの(その1)
 加工品なので口側にボンドの跡が残っている。
img_2020

img_2021

img_2022

img_2023

img_2024

 加工品から取り外したもの(その2)
img_2029

img_2026

img_2027

img_2028

 口器の一部、タコノマクラのと似ている
img_2030