標準和名:
 クレナイオオイカリナマコ

w200807271d006

学名:
 Opheodesoma(?) sp.

分布:
 ・鹿児島県:加計呂麻島
 ・沖縄県:本島、西表島
 ・パラオ共和国

見かけた場所:
 ・鹿児島県 加計呂麻島、内湾奥のふわ泥の砂地、水深は15~20mくらい。

生息場所:
 ・内湾のふわ泥の砂地。

特徴:
 ・世界最大級のナマコ、長さは最大4.5mくらい、直径は10cmくらいになる。
 ・水中で見た印象は、消防用のホースか、綱引きの綱が放置されているような感じ。
 ・触った感触は、ふよふよしていたような。

態など:
 ・砂地に横たわって、触手で砂に含まれる有機物を取り込んでいる。
 ・体表にはエビの仲間がたくさんくっついていた。
w200807281_0006


備考:
 ・参考文献(2003年の図鑑)では、学名の属名に?マークがついていた。そろそろ決まっただろうか?

分類:
 棘皮動物門
 ナマコ綱
 無足目
 イカリナマコ科
 ????属
 クレナイオオイカリナマコ

画像:

 鹿児島県:加計呂麻島産
w200807271d006

w200807271_0036

w200807271d003

w200807271d004

w200807271d005