標準和名:

 マンジュウヒトデ

w201005041_0027

学名:
 Culcita novaeguineae

分布:
 ・小笠原、和歌山以南、インド洋、西太平洋の珊瑚のある場所

見かけた場所:
 ・高知県:柏島

生息場所:
 ・珊瑚の近辺の岩などにくっついている。

特徴:
 ・反口側が丸っこく膨らんでいるので、マンジュウヒトデ。
 ・口側は平ら。
 ・大型になるため、マンジュウというよりサッカーボールのように見える。直径は25㎝にもなるのだとか。
 ・色彩や模様の変異は激しい。

生態など:
 ・珊瑚を食べる。胃を体外に出して相手に押し付けて消化するらしい。
 ・珊瑚を食べるが、オニヒトデのように大発生するようなことは無いようだ。

備考:
 ・若い個体は、これほど丸っこくなくて、ちゃんと五角形に見えるらしい。

分類:
 棘皮動物門
 ヒトデ綱
 アカヒトデ目
 コブヒトデ科
 マンジュウヒトデ属
 マンジュウヒトデ

画像:

 高知県:柏島産
w201005041_0027

w201005041_0029

w201005041_0030

 反口側
w201005041_0031

 高知県:柏島産
IMG_0174

IMG_0175

IMG_0177

IMG_0178

IMG_0179

 高知県:柏島産:ワレカラがついている
w200805042_0024