標準和名:
 アミメジュズベリヒトデ

w201111271_0020

学名:
 Fromia indica

分布:
 ・富山湾、紀伊半島以南、インド洋、西太平洋の浅海域。

見かけた場所:
 ・和歌山県:南部

生息場所:
 ・浅海の岩肌など。

特徴:
 ・やや小型、輻長(腕の先までの半径)3cmくらい。網目模様。手の先(末板のあたり)が黒っぽい。

生態など:
 ・外洋寄りの根の上など、水深10mくらいまでの、岩肌に管足でくっついている。
 ・口から消化器官を外に出し、岩に押し付けて、岩についている何かを食べているのだが、何を食べているのかが不明。岩にくっついた動物だか植物だかわからない苔っぽいものとか、プランクトンの死体とかではないかと予想する。(以下の写真の真ん中のオレンジ色のものが消化器官と思われるもの)

DSC_3191


備考:
 ・和歌山のみなべで潜ると一番よく見かける小型ヒトデ。

分類:
 棘皮動物門
 ヒトデ綱
 アカヒトデ目
 ホウキボシ科
 ジュズベリヒトデ属
 アミメジュズベリヒトデ

画像:

 和歌山県:南部産
w201111271_0020

 和歌山県:南部産
w201007252_0032

 和歌山県:南部産
DSC_3135

 和歌山県:南部産(口側)
w2013050302_0001