標準和名:
 イトマキヒトデ

DSCF2521

学名:
 Asterina pectinifera

分布:
 ・樺太、北海道~九州、東シナ海

見かけた場所:
 ・福井県;敦賀

生息場所:
 ・浅海の岩肌、砂地など。

特徴:
 ・幅長は6cmくらいまでか?
 ・反口側は青地にオレンジの点々のものが多いが、全面オレンジのものなど、カラーバリエーションがいくつかある。
 ・通常は五腕であるが、六腕のものが結構いる。数えた人によると、だいたい五腕20匹に対して、六腕1匹だったらしい。(新潟県にて調査)
 ・四腕、七腕などのものもいるようだが、稀であるようだ。

生態など:
 ・サザエ、アワビなどを食べるので、有害種扱いされている。
 ・甲殻類、ウニなども食べるようだ。
 ・日本海では、浅い海の岩や消波ブロックにくっついているのを見かける。

備考:

 ・学名が、Patiria pectiniferaとなっている図鑑も有り。

分類:
 棘皮動物門
 ヒトデ綱
 アカヒトデ目
 イトマキヒトデ科
 イトマキヒトデ属
 イトマキヒトデ

画像:

 福井県:敦賀産
DSCF2521

 福井県:敦賀産
DSCF1096