標準和名:
 マツカサウニ

DSC_1519

学名:
 Eucidaris metularia

分布:
 ・相模湾以南
 ・インド洋
 ・西太平洋

見かけた場所:
 ・和歌山県:潮岬、浜に打ちあがっていた。

生息場所:
 ・潮間帯~水深30mくらい。図鑑には、水深570mの記述もあるが、水深の横に?マークがついていたので怪しい。
 ・図鑑には、珊瑚のすきまにいると書かれている。見かけた場所はゴロタ石の浜。

特徴:
 ・小型、殻径1.5cmくらい。小型だが触った感じはガッシリしている。

生態など:
 ・写真では、背景に溶け込めそうな岩礁にくっついているものが多い。無機物を装って攻撃を避けている印象。

分類:
 棘皮動物門
 ウニ綱
 オウサマウニ目
 オウサマウニ科
 マツカサウニ属
 マツカサウニ

画像:

 和歌山県:潮岬産
DSC_1519

DSC_1516

DSC_1515

DSC_1514

DSC_1513