標準和名:
 スカシカシパン

w20050828234


学名:
 Astriclypeus mannii

分布:
 相模湾以南~奄美大島、小笠原、カンボジア

見かけた場所:
 ・福井県:敦賀
 ・鳥取県:鳥取砂丘
 ・和歌山県:白浜
 ・神奈川県:三浦海岸

生息場所:
 ・水深3m程度の浅いところから、20mあたりでも見かける。
 ・きめ細かい砂地が多いが、やや粗めの砂利のところでも見かける。

特徴:
 ・長径 14cmくらいになる。
 ・生殖孔は4個。穴が小さくてわかりづらい
 ・体に5つの細長い裏面まで貫通した孔が開いている。

生態など:
 ・昼間は砂地に浅く埋まっていることが多い。砂中を移動した跡が上から見るとわかることもある。
 ・昼間から海底に露出していることもあるがまれ。

備考:
 ・打ち上がっている個体は、たいてい破砕している。(透かし穴部で割れる)
 ・透かし穴は、波で飛ばされにくくなるような効果があるという研究結果があるらしい。砂中移動時の摩擦を減らす効果も有りそうだ。
 ・第三紀ごろの化石で、スカシカシパンに似た化石が発掘され、ムカシスカシカシパンと呼ばれているらしい。原生種とどのあたりが違うのかが気になるが情報が見つからない。
 ・玄関に飾ると、幸せが訪れるという都市伝説があるらしい。

分類:
 棘皮動物門
 ウニ綱
 タコノマクラ目
 スカシカシパン科
 スカシカシパン属
 スカシカシパン

画像:
 和歌山産
w2009092101_0018
 和歌山県産(口側)
w2009092101_0019

 和歌山産
img_1676_2


img_1677

 鳥取県 鳥取砂丘産
img_1681

img_1680

 神奈川県 三浦海岸産
img_1679

img_1678