標準和名:
 アカナマコ
DSC_3805



学名:
 Apostichopus japonicus

分布:
 ・北海道~九州、中国

見かけた場所:
 ・静岡県:伊東。

生息場所:
 ・浅海の転石帯。

特徴:
 ・体長30㎝程度になる。
 ・疣は大きくまばら。
 ・褐色

生態など:
 ・外洋の岩礁に住む。
 ・海藻を食べているところをよく見かける。

備考:
 ・よく食用にされる。
 ・もともと、Apostichopus japonicusをマナマコとして外洋の岩礁に住む褐色のもの(アカコ)、内湾の砂泥にに住む暗い青緑のもの(アオコ)や黒色のもの(クロコ)を含めていたが、褐色のものに対して学名Apostichopus japonicus、標準和名アカナマコ、暗い青緑や黒色のものに対して、Apostichopus armata、標準和名マナマコが提唱されており、それらを採用した。

分類:
 棘皮動物門
 ナマコ綱
 楯手目
 シカクナマコ科
 マナマコ属
 アカナマコ

画像:
 静岡県:伊東産(赤色が強い個体)
DSC_3805

DSC_4049

 静岡県:伊東産(褐色の個体)
DSC_4095

DSC_4096