標準和名:
 ヒラタブンブク

w20050828210


学名:
 Lovenia elongata

分布:
 ・房房総半島、相模湾以南、インド洋、西太平洋

見かけた場所:
 ・静岡県:富戸
 ・福井県:敦賀
 ・福井県:三里浜
 ・和歌山県:日高町
 ・鹿児島県:瀬戸内町

生息場所:
 ・潮下帯、水深90mの記録も有り。

特徴:
 ・今まで見た殻では7.5cmが最大。
 ・殻の形はハート型、表面には太い刺の跡が点在する。
 ・名前の通りにひらべったい。
 ・生殖孔は4つ。
 ・花紋はオカメブンブクと同じ、さるぼぼ風。

生態など:
 ・昼間は基本的に砂の中に潜っている。(サラサラから、やや粗めのところにもいる)
 ・砂から出すと、刺を使ってウニとは思えないスピードで海底を突っ走り、刺をつかって砂中に潜る。
 ・走るスピードは、棘皮動物門では最速クラス。
 ・走る理由は、天敵の貝から逃げるためにそのように進化したとの説がある。

備考:
 ・奄美大島で、似た形状で刺が白い個体を見たが、かなり印象が違う。同種なのだろうか?
 ・海底を突っ走る姿は衝撃的。一見の価値有り。
 ・敦賀では、砂地の一角に集団を作っていた。

分類:
 棘皮動物門
 ウニ綱
 ブンブク目
 ヒラタブンブク科
 ヒラタブンブク属
 ヒラタブンブク

画像:

福井県:敦賀産
w20050828210

hirata2

福井県:敦賀産
dscf3278

dscf3279

dscf3277

dscf3280

dscf3281

福井県:敦賀産(ほぼ完全体、頂き物)
img_1696

img_1697

img_1700

福井県:敦賀産(小型)
img_1701_2

img_1702_2

img_1703

img_1704

鹿児島県:奄美大島産(白い、同種なのか自信無し)
w200807284_0019_2

w200807284_0020

静岡県:富戸産
DSC_4019

DSC_4018

DSC_4017