海洋生物図鑑(仮)

ブログを使った海の生き物図鑑です。

カテゴリ: 多毛網ケヤリムシ目

標準和名:
 ミナミエラコ
w20051023221

学名:
 Pseudopotamilla myriops (Marenzeller, 1884)

分布:
 ・本州南部~四国

見かけた場所:
 ・和歌山県 紀伊大島

生息場所:
 ・砂底水深2~10m

特徴:
 ・開いた鰓冠の直径は4cm

生態など:
 ・砂地に棲管を埋めその中に住む。
 ・サワラビガイが寄生することがある。
 
備考:
 ・写真の個体はミナミエラコにしては鰓冠が大きい。(7cmはあった気がする)怪しい・・・。

分類:
 環形動物門
 多毛網
 ケヤリムシ目
 ケヤリムシ科
 Pseudopotamilla属
 ミナミエラコ

画像:

w20051023221

標準和名:
 オオメケヤリ
DSC_5101



学名:
 Megalomma acrophthalmos (Grube)

分布:
 ・本州以南、インド洋~西太平洋

見かけた場所:
 ・和歌山県、白浜

生息場所:
 ・水深3~5mの砂底と書いてある。

特徴:
 ・開いた鰓冠の直径は3cm程度。
 ・鰓糸の先端に目を持つ。

生態など:
 ・見かけた場所は石と砂が混ざったようなところ。

備考:
 ・2009-2010年頃、大発生があったようであちこちで見かけた。
 ・鰓糸先端の目が目立つから大目ケヤリなのか?

分類:
 環形動物門
 多毛網
 ケヤリムシ目
 ケヤリムシ科
 Megalomma属
 オオメケヤリ

画像:

 高知県 柏島
DSC_5100

DSC_5101

DSC_5102

DSC_5103

 高知県 柏島
DSC_5402


 高知県 柏島
DSC_5412

DSC_5414

 高知県 柏島
DSC_5419

 和歌山県 白浜
DSCF3489

DSCF3488

 和歌山県 白浜
DSCF3462

DSCF3461

 和歌山県 南部
w201007252_0001


 和歌山県 南部(白小さい個体、分類に自信なし)
w2009061301_0026

w2009061301_0026

w2009061301_0024

w2009061301_0023

標準和名:
 ケヤリムシ科未同定種
w200611260213

学名:
 ??? ???

分布:
 ・不明

見かけた場所:
 ・和歌山県、紀伊大島

生息場所
 ・砂地だと思われる

特徴:
 ・開いた鰓冠の直径は3~4cm程度。

生態など:
 ・水深15mほどの砂地に数個体が固まっていた。

備考:
 ・手持ちの資料では同定できなかった。

分類:
 環形動物門
 多毛網
 ケヤリムシ目
 ケヤリムシ科
 ???
 ???

画像:

 和歌山県 紀伊大島産
w200611260213

w200611260215

w200611260212




標準和名:
 インドケヤリ

w200809272_0030


学名:
 Sabellastarte sanctijosephi (Gravier)

分布:
 ・沖縄以南、インド洋~西太平洋

見かけた場所:
 ・鹿児島県 奄美大島

生息場所:
 ・岩礁域、珊瑚礁域

特徴:
 ・開いた鰓冠の直径は6cm程度
 ・鰓冠を開くと漏斗状になる
 ・棲管の入り口の穴は真ん中が凹んで瓢箪のような形となっていることが多いようだ。

生態など:
 ・岩礁などについて、鰓冠を広げ、水中の浮遊物を摂食する。鰓冠は捕食と呼吸に使われる。
 ・粘液と泥をつかった棲管を作りその中に住み、危険を感じると棲管に引っ込む。
 ・棲管は概ね穴の中にあるようで、水中にはあまりつきでていない印象。
 ・水槽飼育などの情報ではこの仲間で、自分の棲管を捨てて移動することがあるとのこと。移動した後は新たな巣を作るという情報もあったが、弱って死んでしまうことが多いようだ。
 ・ケヤリムシより熱帯よりの分布、高知でも見たような見なかったような(自信なし)

備考:
 ・海水魚屋さんなどでよく売られているらしい。熱帯産の海水魚の流通ルートに乗っている?

分類:
 環形動物門
 多毛網
 ケヤリムシ目
 ケヤリムシ科
 Sabellastarte属
 インドケヤリ

画像:

 鹿児島県 奄美大島産
w200809272_0030

 鹿児島県 奄美大島産
w200809282_0002

 鹿児島県 奄美大島産
w200807283d014


 鹿児島県 奄美大島産
w200807281_0018


 鹿児島県 奄美大島産(棲管)
w200807272_0009


 鹿児島県 奄美大島産
w200807272_0008


標準和名:
 ホンケヤリムシ
w20040328112

学名:
 Sabella fusca Grube

分布:
 ・紀伊半島以南、インド洋~西太平洋

見かけた場所:
 ・和歌山県:南部、水深15mほどの岩礁

生息場所:
 ・岩礁につく

特徴:
 ・鰓冠の直系は7cmほど、漏斗状、鰓冠を除く体長は10cmほど。
 ・鰓冠は黄色地に赤~赤紫だが個体差有り。

生態など:
 ・鰓冠で水中の浮遊物を摂食する。鰓冠は呼吸にも使われる。

備考:
 ・Sabella fuscaBispira porifera(ヒメホンケヤリムシ)のシノニムとするという情報も有ったが、Sabella fuscaも有効のようであり、こちらを採用した。

分類:
 環形動物門
 多毛網
 ケヤリムシ目
 ケヤリムシ科
 Sabella属
 ホンケヤリムシ

画像:

 和歌山県 南部産
w20040328112


 和歌山県 南部産
DSC_0769

 和歌山県 南部産(小型)
DSC_0768

 和歌山県 南部産(小型、黄色)
w20040429223

 和歌山県  南部産
w20070504221


↑このページのトップヘ