海洋生物図鑑(仮)

ブログを使った海の生き物図鑑です。

カテゴリ: ヒトデ綱アカヒトデ目

標準和名:
 オオアカヒトデ

DSC_2837


学名:
 Leiaster leachi

分布:
 ・房総半島以南、インド洋、太平洋の熱帯、亜熱帯域。

見かけた場所:
 ・高知県:沖ノ島

生息場所:
 ・浅海の岩礁域。

特徴:
 ・輻長は最大40cm程度までになる。
 ・背側版と上下縁板の中央に透明な半球体がある。

生態など:
 ・岩礁域に住む。

分類:
 棘皮動物門
 ヒトデ綱
 アカヒトデ目
 ホウキボシ科
 オオアカヒトデ属
 オオアカヒトデ

画像:

高知県:沖ノ島
DSC_2837

DSC_2838

標準和名:
 チャイロホウキボシ
DSC_3861


学名:
 Ophidiaster cribrarius

分布:
 ・相模湾以南、潮間帯~水深20m程度。

見かけた場所:
 ・静岡県:伊東市

生息場所:
 ・潮間帯~水深20m付近、転石下に多くみられる。

特徴:
 ・腕は5~6本が多いが、4本、7本、9本なども見られる。

生態など:
 ・自切した一本の腕から再生して無性的に増えることができる。

分類:
 棘皮動物門
 ヒトデ綱
 アカヒトデ目
 ホウキボシ科
 ホウキボシ属
 チャイロホウキボシ

画像:

静岡県:伊東市
DSC_3861

DSC_3863

DSC_3859

標準和名:
 ゴマフヒトデ

w2011032701_0010


学名:
 Linckia multifora

分布:
 ・富山湾、紀伊半島以南、インド洋~西太平洋。

見かけた場所:
 ・東京都:父島

生息場所:
 ・熱帯の浅海。

特徴:
 ・ピンク地に、赤や黒の小斑紋が散らばる

生態など:
  ・見かけた個体は岩の上に無造作にころがっていた。
 ・自切した一本の腕から再生して無性的に増えることができる。

分類:
 棘皮動物門
 ヒトデ綱
 アカヒトデ目
 ホウキボシ科
 アオヒトデ属
 ゴマフヒトデ

画像:

東京都:父島
w2011032701_0010

標準和名:
 アカヒトデ
DSC_3274

学名:
 Certonardoa semiregularis

分布:
 ・佐渡、男鹿半島、鹿島灘以南、九州、東シナ海

見かけた場所:
 ・静岡県:伊豆海洋公園、富戸、赤沢

生息場所:
 ・干潮線直下~水深30mの岩礁域、礫底

特徴:
 ・朱色、赤色、幅長は10cmくいらい。

生態など:
  ・昼間から普通に見られる。石の下などにもいるようだ。
 ・アワビなどの食害で漁業者には嫌われているらしい。

分類:
 棘皮動物門
 ヒトデ綱
 アカヒトデ目
 ホウキボシ科
 アカヒトデ属
 アカヒトデ

画像:

静岡県:伊東市
DSC_3274

DSC_3801

DSC_3802

静岡県:伊東市 何かくっついている。寄生生物か?
DSC_4094


静岡県:伊東市 6腕
DSC_4115

標準和名:
 フトトゲヒトデ

DSC_0732

学名:
 Mithrodia clavigera

分布:
 ・紀伊半島以南
 ・小笠原諸島
 ・インド洋
 ・西太平洋

見かけた場所:
 ・和歌山県:南部

生息場所:
 ・浅海から中深海底に分布するとのこと。
 ・見かけた場所は水深15mくらいの岩礁域。春先のまだ寒い時期。

特徴:
 ・幅長20cmになるらしい。見かけたのは幅長15cm程度か。
 ・体表に太い棘が並んでいる。

生態など:
 ・やや深めの岩礁域にいるようだ。
 ・見かけた個体は昼間から露出しており、あまり活発に動いたりはしない感じだった。

備考:
 ・一属一種

分類:
 棘皮動物門
 ヒトデ綱
 アカヒトデ目
 フトトゲヒトデ科
 Mithrodia属
 フトトゲヒトデ

画像:

 和歌山県:南部産
DSC_0732

DSC_0733
 (口側)
DSC_0734

↑このページのトップヘ