海洋生物図鑑(仮)

ブログを使った海の生き物図鑑になる予定です。 他のブログサービスからの移行がやっと終わったので、ぼちぼち新しい種も追加して行きたい所存です。

カテゴリ: ナマコ綱楯手目

標準和名:
 アカナマコ
DSC_3805



学名:
 Apostichopus japonicus

分布:
 ・北海道~九州、中国

見かけた場所:
 ・静岡県:伊東。

生息場所:
 ・浅海の転石帯。

特徴:
 ・体長30㎝程度になる。
 ・疣は大きくまばら。
 ・褐色

生態など:
 ・外洋の岩礁に住む。
 ・海藻を食べているところをよく見かける。

備考:
 ・よく食用にされる。
 ・もともと、Apostichopus japonicusをマナマコとして外洋の岩礁に住む褐色のもの(アカコ)、内湾の砂泥にに住む暗い青緑のもの(アオコ)や黒色のもの(クロコ)を含めていたが、褐色のものに対して学名Apostichopus japonicus、標準和名アカナマコ、暗い青緑や黒色のものに対して、Apostichopus armata、標準和名マナマコが提唱されており、それらを採用した。

分類:
 棘皮動物門
 ナマコ綱
 楯手目
 シカクナマコ科
 マナマコ属
 アカナマコ

画像:
 静岡県:伊東産(赤色が強い個体)
DSC_3805

DSC_4049

 静岡県:伊東産(褐色の個体)
DSC_4095

DSC_4096

標準和名:
 トラフナマコ

DSC_3804


学名:
 Holothuria decorata

分布:
 ・三浦半島以南
 ・紅海
 ・フィリピン
 ・オーストラリア
 ・サモア
 ・タヒチ
 ・ニューカレドニア
 ・グアム
 ・中国
 ・台湾

見かけた場所:
 ・静岡県:伊東市

生息場所:
 ・岩礁域、転石帯

特徴:
 ・白と褐色のマダラ。
 ・体は柔らかい。
 ・円筒形。
 ・体長30cm程度になる。

生態など:
 ・岩礁域や転石帯に転がっている。
 ・産卵時は体を持ち上げて一斉に産卵、放精する。産卵は伊豆では6月頃に見られるらしい。

備考:
 ・そこらじゅうで見ているはずだが、いざどこで見たかと聞かれると思い出せない。

分類:
 棘皮動物門
 ナマコ綱
 楯手目
 クロナマコ科
 クロナマコ属
 トラフナマコ

画像:

静岡県:伊東市
DSC_3804

DSC_3241

標準和名:
 マナマコ
DSC_3752


学名:
 Apostichopus armata

分布:
 ・北海道~九州、中国

見かけた場所:
 ・静岡県:伊東市

生息場所:
 ・浅海の転石帯。

特徴:
 ・体長30㎝程度になる。
 ・疣は大きくまばら。
 ・暗い青緑や黒色。

生態など:
 ・内湾の砂泥に住む。
 ・海藻を食べているところをよく見かける。

備考:
 ・食用にされる。
 ・もともと、Apostichopus japonicusをマナマコとして外洋の岩礁に住む褐色のもの(アカコ)、内湾の砂泥にに住む暗い青緑のもの(アオコ)や黒色のもの(クロコ)を含めていたが、褐色のものに対して学名Apostichopus japonicus、標準和名アカナマコ、暗い青緑や黒色のものに対して、Apostichopus armata、標準和名マナマコが提唱されており、それらを採用した。


分類:
 棘皮動物門
 ナマコ綱
 楯手目
 シカクナマコ科
 マナマコ属
 マナマコ

画像:

静岡県:伊東市
DSC_3752

DSC_3751









標準和名:
 イシナマコ

w200707281_0014

学名:
 Holothuria nobilis

分布:
 ・奄美大島、沖縄諸島、ニューカレドニア、オーストラリア、グアム、中国、台湾

見かけた場所:
 ・鹿児島県:加計呂麻島

生息場所:
 ・浅海の珊瑚砂礫上。

特徴:
 ・大型で、芋虫型。石のように固い体が名前の由来らしい。
 ・体長は40cm以上にはなる。

生態など:
 ・体表に砂をつける。

備考:
 ・チョコのかかった巨大エクレアに見える。

分類:
 棘皮動物門
 ナマコ綱
 楯手目
 クロナマコ科
 クロナマコ属
 イシナマコ

画像:

 鹿児島県:奄美大島産
w200707281_0014

標準和名:
 ジャノメナマコ

w20070729d101

学名:
 Bohadschia argus

分布:
 ・インド洋-西太平洋の熱帯の浅海。

見かけた場所:
 ・鹿児島県:加計呂麻島

生息場所:
 ・珊瑚近くの砂地。

特徴:
 ・大型の円筒形。名前の蛇の目は体表の眼状紋からと思われる。
 ・体長は40cm以上にはなる。。
 ・触ると案外硬かった覚えがある。

生態など:
 ・枝珊瑚群生地の近くの砂地になげやりな感じで転がっているのを見かけた。
 ・キュビエ器官を放出している写真をよく見かける。(別にいつも放出しているわけではないが)
 ・マルガザミがついていることがある。肛門から出入りすることもあるらしい。

分類:
 棘皮動物門
 ナマコ綱
 楯手目
 クロナマコ科
 ジャノメナマコ属
 ジャノメナマコ

画像:
 鹿児島県:奄美大島産
w20070729d101

↑このページのトップヘ